任意整理 住宅ローン 審査

任意整理をした後でも住宅ローンは利用できるのか

住宅ローンと任意整理

 

任意整理をする人の中には住宅ローンを返済中の人や、これから利用しようと思っている人もいるかもしれません。

 

そんな人は任意整理が住宅ローンに影響すると心配しているでしょう。では、任意整理によって住宅ローンにどのような影響が及ぶのでしょうか。

 

任意整理と住宅ローン

 

任意整理をする人の中には返済中の住宅ローンに影響が及ぶのではないかと心配している人も少なくありません。しかし、任意整理は返済中の住宅ローンに影響を及ぼしません。

 

なぜなら、任意整理は債務整理対象の債務を選択できるからです。要するに都合の悪い債務はそのままにし、債務整理をしても問題のない相手の債務だけ整理対象にすることができます。つまり返済中の住宅ローンを整理対象外にすることは容易です。

 

任意整理対象は選択できる

 

任意整理は弁護士などに依頼して、整理対象の信販会社や消費者金融に借入契約の変更を交渉することです。

 

この交渉は法律に基づくものではなく、弁護士と信販会社などが個別に交渉するため、相手を選ぶことができます。

 

もっとも、法律に基づく自己破産や個人再生は公平を期すため、住宅ローン特約のある個人再生を除いてそのようなことは許されません。しかし、任意整理であればできるのです。

 

銀行に内緒で実行可能

 

言い方を変えれば、住宅ローンを借りている銀行に内緒で任意整理をすることも可能です。

 

住宅ローンを利用している銀行は、今後も取引が続くでしょうし、別のローンを借りることもあるでしょう。任意整理のようなことは内緒にしたいはずです。

 

任意整理後は申し込めるのか?

 

クレジット、ローンは任意整理すると

 

では、任意整理をした後に住宅ローンの申込はできるでしょうか。

 

最近は、任意整理をしただけでは事故情報として信用情報に登録しないこともあるようですが、銀行系の信用情報機関には5年間登録されます。

 

つまり、住宅ローンは望み薄でしょう。最近は消費者金融も銀行傘下に入っており、銀行系の信用情報機関に情報を登録していることがあるのです。

 

5年間は無理

 

つまり、任意整理をすると5年間は住宅ローンを借りることはできません。

 

もちろん任意整理の対象とした金融機関が銀行とは全く別の金融機関であれば話は別です。

 

ただ、保証会社が銀行系だと保証会社が代位弁済していることがあり、その際に事故情報として登録することがあります。5年間は無理だと考えた方が無難です。

 

信用情報を照会しよう

 

ただ、先ほど述べたように任意整理を事故情報として登録しない信用情報機関もあります。信販会社系のCICです。

 

そのため、任意整理後1か月ほどしてから、自分の信用情報を全て開示請求することをお勧めします。

 

住宅ローンの審査

 

ローンの審査はどうなる

 

では、住宅ローンの審査はいったいどのようにしているのでしょうか。

 

住宅ローンは返済期間が長期間にわたります。また、担保として住宅と土地に抵当権を付けますが、万が一回収不能になっても住宅と土地を売るだけでは回収できないことがほとんどです。

 

つまり、申込者の給料収入などが大きな判断材料になります。

 

事故情報がなければOK

 

実際には信用情報を照会し、事故情報がなければほとんど審査に通しているのが実情です。

 

銀行はカードローンが収益確保の役に立っていましたが、最近は貸し過ぎによる問題点が生じ、下火になっています。

 

その反面、金利は低いもののお客の囲い込みができる住宅ローンは、銀行にとって個人営業の星とも言える存在でしょう。

 

また、住宅メーカーと組んでローンの斡旋をしている点も審査が甘めになる一つの理由です。

 

支払能力が問われる

 

ただ、給料収入があまりに少ないと審査に通りません。つまり、返済ができないことが明らかだからです。

 

もっとも、このような人は最初から住宅ローンの申込をしないので、収入が少ないことを理由に住宅ローンの審査に落とされる人は多くありません。

 

実際にできるのか?

 

どの方法を選ぶかも影響する

 

では、実際に任意整理をした人が住宅ローンの審査に通るものでしょうか。

 

先ほど述べた通り、信用情報の問題があるため、5年間は申込をしても通らないでしょう。しかし、5年以上経過後、再度信用情報機関に照会し、問題なければ普通に審査を受けることができます。

 

任意整理を気に生活を変えよう

 

さて、では5年間の間に何か準備をする必要があるでしょうか。

 

まず実行するとしたら、生活習慣を変える必要があるでしょう。任意整理をしたのは借入金返済がきついからだったはずです。

 

今後はそのようなことが起きないように、できるだけ現金主義の生活にシフトする事が大切です。

 

頭金が多ければ審査に通る

 

そして、貯金をする習慣をつけることが大切です。貯金は住宅購入時の頭金になります。

 

住宅価格から頭金を引いた金額が借入希望額なので、頭金が多ければ担保額より借入額が少なくなり、銀行のリスクは次第に低くなります。こうすることで審査に通りやすくなるのです。

 

任意整理の対象にする債務は自分で選択できるため、任意整理により住宅ローンに影響が及ぶことはありません。

 

また、任意整理後も信用情報機関の事故情報が消えれば銀行ローンの審査には影響しません。そのため、任意整理の有無が住宅ローンの返済や将来の借入に影響することはないと言えるでしょう。

 

ただ、住宅ローンには審査があり、将来の返済能力が問われます。任意整理を機に自分の生活態度を変えることが必要でしょう。

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談
匿名・無料で手軽にできる無料減額診断。24時間いつでも受け付けていて自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。あなたの借金をどれだけ減らせるかを匿名・完全無料で診断できます。

●匿名・完全無料で診断できます

匿名無料メール診断

 

ヤミ金の被害にあっている方へ
取り立てに行くと脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけたりする業者は闇金融。ヤミ金被害はヤミ金被害救済を行っている事務所に相談されるのがおすすめです。メールの無料相談ができますから、現状を伝えてください。

●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応

闇金無料相談バナー

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金返済のコツの詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

任意整理とは、債権者と債務者が相談することです
債務整理とはどういうことなのでしょうか。テレビCMや広告で借金整理、自己破産、過払い金などといっしょに目にするのですが、うわさでは役所に債務整理したことが記録されるなんて話も聞きます。債務整理や借金の問題について本当のことを紹介しますね。