債務整理とはどういうものなのでしょうか?

債務整理とは

債務整理について説明する男性

債務整理とは債務、つまり借金が返済不能になった時に債権者との交渉や裁判所への申し出によって債務の減免を図っていくことです。債務整理にはいくつか種類がありますが、その方法やどんなデメリットがあるかについてご紹介します。

 

債務整理とは借金で苦しんでいる人の救済策といえます。返済できなくなた時に借金生活から救われる道なのです。

 

わかりやすく説明すると、借金をして返済できなくなってしまった時に使える対処方法です。借金をして返せなくなっている方への救済方法ともいえます。

 

具体的には、借金を返せる金額に分割して期日までに完済する取り決めをする任意整理、裁判所に申し立てをして、借金の返済義務を放棄する、つまり借金を返さなくてよいとする自己破産という方法があります。

 

この他にも住宅ローンを残せる個人再生(個人民事再生)、あるいは自分で手続きを行う特定調停という方法があります。

 

借金をして債務(借金)が返済できなくなるのは、主に多重債務によるものです。

 

多重債務とは、最初は返せる範囲で借りていたつもりが返済できなくなり、その返済にあてるため他社から借りるという、文字通り借金を返すために重ねて借金をしてしまうということです。

 

複数の借金をしていると、金融機関からの信用も失われ、融資を断られることもあります。特に消費者金融では、借入れに限度額を設ける総量規制が行われるようになっています。

 

返済予定の借入が返済できない場合には、焦って他社から借りて返済にあてることをする前に、まず借入れ先の金融機関に行き、返済の方法を再検討してもらうように相談しましょう。それでも難しいとなった場合、債務整理を行うことになります。

 

債務整理は自分で手続きを行う特定調停以外は、弁護士または司法書士に手続きを依頼することになります。ただし司法書士の場合は、借金が140万円以内でないと依頼できません。

債務整理といってもひとつじゃない

債務整理の種類について説明する男性

債務整理と一言でいってもイロイロな種類があるでしょう。

 

個人再生とか特定調停、自己破産や過払い金の返却を求めるなど多彩です。どれも性質が違っているため自分はどれをセレクトすればいいのかというのは専門家に相談して決心するのがいいでしょう。

 

自己破産とは、借金を返すのがもう確実にできないということを裁判所から理解してもらい、法律によって、借金を帳消しにしてもらうことが出来るやり方です。生活する中で、最低限、要する財産以外は、何もかも手放すことになります。

 

日本国民である以上は、だれもが、自己破産をすることが可能です。債務整理は無職の方でも選択できます。

 

当然、誰にも知られないように手つづきをすることもできると思いますが、大がかりになってしまう場合には家族に相談してみてはいかがでしょうか。

 

専業主婦でも返済が困難になれば、弁護士の力によってどうにでもできます。

 

債務整理をしても生命保険を解約しなくても良いことがあったりします。任意整理をし立としても生命保険の解約は必要ありません。

 

注意する必要が生じるのは自己破産をする場合です。

 

自己破産になった場合には生命保険の解約を裁判所から命令される場合があります。

 

自己破産の良いところは免責となることで借金の返済義務から逃れられることです。

 

お金を返す方法に悩んだり、金策に走り回らずにすみます。特に財産があまりない人にとっては、借金返済の為に手放すハメとなるものがあまりないので、良いことが多いと思われます。

債務整理をしたら、結婚をする際に影響あるのでしょうか?

債務整理の結婚への影響について説明する男性

債務整理をしたら、結婚をする際に影響があるのではないかと案じている人がいますが、債務を整理せずに、多額の借金が残っているほうが問題です。

 

債務整理をし立ために結婚に及ぼすデメリットとして考えられるのは、マイホームを建てたい場合、債務整理後、7年間は住宅ローンを借りられない事です。

 

7年以上間をとれば月賦が組めるようになります。個人再生をしても、認可されない場合が実在します。

 

個人再生をする時には、返済計画案の提出が必要となりますが、これが裁判所で通らないと不認可となります。

 

普通の事ですが、不認可となってしまえば、個人再生は望めません。個人再生とは債務整理の一つで金銭債務を少なくしてその後の返済を楽にするというものであります。

 

これを行なうことによりほとんどの人の生活が苦しさが軽減されているという現実があります。昔、私もこの債務整理をしたことにより救われたのです。

 

自己破産は特に資産(何割かを自己投資にまわすことでさらなる発展に繋がるといわれています)がない人だと、単純な手続きで終了しますが、弁護士の力を借りないと手続きを一人でするのはとても厳しいです。

 

自己破産で、いる費用は平均で、全部で20〜80万円程度と高額ですが、この費用は借金であてることができませんので、きちんと手基にある状態で相談する必要があります。

 

借金が膨らんでしまって任意整理をすることになった場合、また新しく借り入れをしようとしたり、クレカを作ろうと考えても、情報が信用機関に残ってしまいます。

 

そのため審査にクリアすることが出来ず、数年ほどはそのようなことを行なえないことになっているのです。借金をすることが癖になった方には、とても厳しい生活となるでしょう。

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金返済のコツの詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

債務整理を弁護士や司法書士に依頼するとき
債務整理は一般的に弁護士や司法書士に依頼することになります。法的には債務整理する本人がすることも可能なのですが非常に困難です。なので信頼のおける専門家である弁護士、司法書士に依頼するのが結局早くスムーズに進めることができ、費用をかけても依頼する価値は充分にあります。