ブラックリストと信用情報機関

ブラックリストとはなに?信用情報機関とは?

ブラックリストについて説明する男性

ブラックリストという言葉を誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

金融機関からお金を借りるなどをすると、その情報は信用情報機関というところに記録されます。借金を申し込んで審査に通らなかったというような情報や、返済の途中で遅延損害金が発生してしまったりするような情報も記録されます。
そして当然、返済不能になったなどの金融事故を起こしてしまった情報も記録されます。ブラックリストに名前が載るとは、その状態を指します。

 

信用情報機関とは、金融機関が新規で融資申請してきた人について調べる時に、その個人の情報を収集するための期間です。審査のため、その人の経済力や信用力、事故歴などをチェックしなくてはならないのです。

 

信用情報機関といってもひとつだけではなく、具体的には、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)などの機関があります。

 

ブラックリストに名前が載っていると、まずローンなどの審査には通らないでしょう。

 

ただし一旦リストに載ったらずっと消えないわけではありません。
名前が載るのは、一定の期間だけです。
任意整理の場合なら大体5年間くらい、自己破産した人でも10年くらいと言われています。リストから名前が消えれば、その後はローンなどを利用できるようになります。

 

ちなみにブラックリストとよく言われますが、実際にそのような名称のリストがあるわけではなく、通称、そう呼ばれていることが多いというだけです。

 

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金返済のコツの詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

多重債務とはどういうことなのか
多重債務とはいくつもの金融機関からの借金を重ね返済困難な状態のこと。多重債務者とはそういう状況に陥ってしまった人のことです。復数の貸金業者から借金をしている多重債務者は全国に数百万人いると言われています。
グレーゾーン金利とは現在はどうなっているの
グレーゾーン金利とは、かつての利息制限法による金利をを超え出資法の上限金利まで課せられていた金利のこと。違法であり無効とされていましたが、罰則規定がなく事実上、一部の貸金業者などでまかり通っていたものです。
おまとめローンで多重債務は解決できるのか
おまとめローンで多重債務は解決したいと考えている方は少なくないと思います。復数の貸金業者からの借入をひとまとめにして返しやすくしようという目的ですが、今以上に利息が高くなったり、審査が通らないという問題も多いようです。
勤務先や家族に秘密で債務整理はできる
勤務先や家族に秘密で債務整理したい方が多いのです。どの債務整理方法を選ぶかにもよりますが結論から言うと充分に可能です。実際に多くの方が誰にも知られず債務整理を行っています。
ヤミ金とは ヤミ金を利用するとどうなる
ヤミ金とは違法な貸金業者のことです。本来は都道府県の許可を受けて営業すべきなのですが、ヤミ金は無許可。ですから利息も違法な金額で暴利を上げています。店舗も存在しない電話だけのやりとりでしたらヤミ金の可能性が高いです。勤務先や家族への取り立てをしてくることがあるため要注意です。