勤務先や家族に秘密で債務整理は可能です。

勤務先や家族に秘密で債務整理はできる

債務整理の仕方について説明する男性

借金問題を抱えてしまい、返済不能になった場合、債務整理という合法的な解決方法を選択することになります。

 

この債務整理をした場合、できれば家族や勤務先の会社には知られたくないものですが、それは可能なのでしょうか。

 

結論から言うと、債務整理を秘密にしておくことは場合によっては可能です。

 

債務整理には任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産などの手続きがありますが、任意整理や過払い金請求の手続きであれば、専門家の弁護士や司法書士などに依頼して秘密裏に事を進めることが可能でしょう。

 

しかし個人再生になると、配偶者の給与明細が必要になったり、退職金額証明書を発行してもらわなければならないなどということがあり、秘密にしておけない可能性があります。

 

また、自己破産の手続きをするということになると、財産の差し押さえなども発生してしまうので、個人再生よりも、秘密にしておける可能性は更に低くなってしまうと考えられます。

 

任意整理であれば、必要書類は本人確認書類くらいですので、秘密を守りやすいと言えます。

 

過払い金請求も任意整理の一部のようなものですから、周囲に知られることなく出来る可能性は高いです。

 

ただし何かの会話や手続きの際に、自分でうっかり口を滑らせてしまう、また疑われるような行動をしてしまうということが意外に多いようです。せっかく秘密裏に手続きを進めても、自ら周囲に漏らしてしまうことがないように注意が必要です。

 

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金返済のコツの詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

多重債務とはどういうことなのか
多重債務とはいくつもの金融機関からの借金を重ね返済困難な状態のこと。多重債務者とはそういう状況に陥ってしまった人のことです。復数の貸金業者から借金をしている多重債務者は全国に数百万人いると言われています。
ブラックリストと信用情報機関
ブラックリストと呼ばれるリストは現実には存在しません。各金融機関の顧客について信用情報を共有、提供している信用情報機関があり、そこでは金融機関への返済を滞納したり、債務整理をした事実が情報として保存されます。そこに記録された金融トラブルについての情報が俗にブラックリストと呼ばれているものです。
グレーゾーン金利とは現在はどうなっているの
グレーゾーン金利とは、かつての利息制限法による金利をを超え出資法の上限金利まで課せられていた金利のこと。違法であり無効とされていましたが、罰則規定がなく事実上、一部の貸金業者などでまかり通っていたものです。
おまとめローンで多重債務は解決できるのか
おまとめローンで多重債務は解決したいと考えている方は少なくないと思います。復数の貸金業者からの借入をひとまとめにして返しやすくしようという目的ですが、今以上に利息が高くなったり、審査が通らないという問題も多いようです。
ヤミ金とは ヤミ金を利用するとどうなる
ヤミ金とは違法な貸金業者のことです。本来は都道府県の許可を受けて営業すべきなのですが、ヤミ金は無許可。ですから利息も違法な金額で暴利を上げています。店舗も存在しない電話だけのやりとりでしたらヤミ金の可能性が高いです。勤務先や家族への取り立てをしてくることがあるため要注意です。