ヤミ金を利用するとどうなるのでしょうか

ヤミ金とは何でしょうか?ヤミ金を利用するとどうなりますか?

ヤミ金について説明する男性

ヤミ金という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、具体的にはなんなのでしょうか。

ヤミ金とは、違法な金融業者のことです。
貸金業法では、金融業を営むには必ず国もしくは都道府県知事に届け出をして、許可を受けてからでないと営業できないと決められています。法律の定めに違反すると、重い刑罰の対象になります。
しかしヤミ金は、違法に国や都道府県知事に登録をせずに営業しているのです。

 

ヤミ金では、利息制限法や出資法で定められている上限をはるかに超えた金利が設定されています。出資法違反も、犯罪行為です。

 

ヤミ金の金利は、「トイチ」、「トサン」などと言われ、年利で計算すると、年360%、年1080%といった暴利になるのです。

 

違法な業者なのですが、警察に捕まらないように工夫をしながら営業を続けています。
携帯電話だけで営業している業者も多く、住所や氏名も偽物になっているため、警察が調査しても特定されません。
お金に困った時に、簡単に利用できるからとつい借金を申し込んでしまうことがありますが、ヤミ金は大変に危険です。

 

高額な利息に悩まされるだけではなく、家族や友人、職場にまで嫌がらせが及ぶこともあります。法に触れない嫌がらせをしてくるので、警察に訴えても動いてくれない場合もあります。

 

ヤミ金と結んだ契約は無効であり、支払った利息も返還してもらえるはずなのですが、簡単に警察に捕まることはないので、お金を取り戻すのは難しいでしょう。ヤミ金に騙されたと思ったら、早い段階で専門家に相談をすることが重要です。

 

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金返済のコツの詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

多重債務とはどういうことなのか
多重債務とはいくつもの金融機関からの借金を重ね返済困難な状態のこと。多重債務者とはそういう状況に陥ってしまった人のことです。復数の貸金業者から借金をしている多重債務者は全国に数百万人いると言われています。
ブラックリストと信用情報機関
ブラックリストと呼ばれるリストは現実には存在しません。各金融機関の顧客について信用情報を共有、提供している信用情報機関があり、そこでは金融機関への返済を滞納したり、債務整理をした事実が情報として保存されます。そこに記録された金融トラブルについての情報が俗にブラックリストと呼ばれているものです。
グレーゾーン金利とは現在はどうなっているの
グレーゾーン金利とは、かつての利息制限法による金利をを超え出資法の上限金利まで課せられていた金利のこと。違法であり無効とされていましたが、罰則規定がなく事実上、一部の貸金業者などでまかり通っていたものです。
おまとめローンで多重債務は解決できるのか
おまとめローンで多重債務は解決したいと考えている方は少なくないと思います。復数の貸金業者からの借入をひとまとめにして返しやすくしようという目的ですが、今以上に利息が高くなったり、審査が通らないという問題も多いようです。
勤務先や家族に秘密で債務整理はできる
勤務先や家族に秘密で債務整理したい方が多いのです。どの債務整理方法を選ぶかにもよりますが結論から言うと充分に可能です。実際に多くの方が誰にも知られず債務整理を行っています。